What'sきずな音楽祭

山口きずな音楽祭

〈山口きずな音楽祭〉 室町時代、「西の京」として栄華を誇る山口へ宣教師フランシスコ=サビエルが来山。当主大内義隆は、 サビエルの布教の願いを受け入れ、1552年12月9日、山口の地で降誕祭が行われました。これが日本で初めてクリスマスが祝われた日と記録されています。 応仁の乱以降、京都が荒廃する中で、大内氏は、雪舟をはじめ多くの文化人を庇護し、当時の日本文化の伝統を引き継ぎ、新たな文化を創造する役割を果たしました。

「山口きずな音楽祭」は、その歴史に学び、新しいものとの融和をはかりながら、きずなを尊ぶ寛容なこころを、音楽を通じて伝えることを目的とし、今年で8年目を迎えます。










  • クリスマス市 山口|日本のクリスマスは山口から 公式サイト
  • 亀渕友香&VOJA公式HP
  • 山口市観光情報サイト 西の京やまぐち
このページのトップへ